So-net無料ブログ作成
検索選択

心に触れるお話 [その他]



心にちょっ・・・・・・っとだけ触れるお話。。。。。


(・_・、)







[ 命の恩人 ]


小5のとき、通学路の交差点を渡っていたとき、
右折車が横断中の俺めがけて突っ込んできた。

催眠術にかかったように体が動かず突っ込んでくる車を呆然と見ていたら、突然誰かに後ろから突き飛ばされ、俺は難を逃れた。

が、俺を突き飛ばしてくれた大学生は車に跳ね飛ばされた。
泣きながら近所の家に駆け込んで救急車と警察を呼んでもらい、
自分は警察の事故処理係に出来る限り状況説明をした。 

後日、家に警察から電話があり大学生の入院先を教えられ、母親と見舞いに行って御礼を言った。



中学1年のとき父親の仕事の都合で同県内の市外へと引っ越した俺は、
そこで先生となっていたあの時の大学生と再会した。
お互いに驚き再会を喜びつつ、3年間指導してもらって無事中学を卒業し、高校進学と供に市内に戻った。


それから数年経ったある日、地元の教育大学に進学した俺が教育実習先の小学校へ向かう途中の交差点で
自分の前を渡っている小学生の女の子に右折車が突っ込もうとしていた。

運転席ではドライバー携帯電話で喋りながら運転しているのが見えた。
スローモーションみたいに流れる情景に「マジかっっっ!!!!!!!」
とっさに女の子を突き飛ばしたら、自分が車に跳ね飛ばされた。

コンクリートの地面に横たわって、泣いてる女の子を見ながら、あのとき先生もこんな景色を見たのかな・・・とか考えつつ意識を失った。。。。。。

入院先に、俺が助けた女の子の親が見舞いにやって来た。
女の子の親は中学時代の恩師であり、あの時の俺の命の恩人そのヒトだった。

「コレで”借り”は返せましたかね。。。。」

と、俺が言うと

「バカ・・・最初から、借りも貸しも無いよ・・・・・」

と、先生は言った。

ベットの周りのカーテンを閉めて、俺たち二人、黙って泣いた。








[ 水くみ人とひび割れ壷 ]


”水くみ人”は、2つの壷を持っていました。

天秤棒の端にそれぞれの壷を下げ、肩に掛けて御主人様の所に毎日水を運んでいた。

その壷の一つには、” ヒビ ”が入っています。

もう一つの完璧な壷が、小川からご主人さまの家まで
一滴の水もこぼさないのに、
ひび割れ壷は、水くみ人が水をいっぱい入れてくれても、
ご主人さまの家に着く頃には半分になっているのです。

ひび割れ壷は、いつも自分を恥じていました。

そんなある日、ひび割れ壷は川のほとりで水くみ人に話しかけました。



「私は自分が恥ずかしい、ひび割れからは水はどんどん流れてしまい、
何の役にも立たない自分が恥ずかしい」
「私はこのひびのせいで、あなたのご主人さま
の家まで水を半分しか運べなかった。」

水くみ人は言いました。

「これからご主人さまの家に帰る途中、道端に咲いている
綺麗な花を見てごらん。」


天秤棒にぶら下げられて丘を登っていくとき、
ひび割れ壷はお日さまに照らされ美しく咲いている道端の花に
気づきました。

花は本当に美しく、壷はちょっと元気になった気がしましたが、
ご主人さまの家に着く頃には、また水を半分にしてしまった自分を
恥じて、水くみ人に謝りました。

すると、水くみ人は言いました。

「道端の花が君の側にしか咲いていないのに気づいたかい?
僕は、君からこぼれ落ちる水に気づいて、君が通る側に
花の種をまいたんだ。」

「そして君は毎日、僕が小川から帰るときに水をまいてくれた。
おかげで、毎日御主人様の所へ花を届ける事が出来たんだよ。
君のひび割れが無ければ御主人様が、花で心を癒される事もなかった。
だから恥じることなど無いよ」と。

ひび割れのある壺は初めて自分が役だっている事を知り
そして二度と自分を恥じる事は無かった。







[ お辞儀 ]


突然なんだけどさ、皆は母親の事を子供にどう話してるのかな?

俺の娘は今年4歳になるが、嫁は娘を生んですぐに家を飛び出したので、子供には母親の記憶はない。
今まで母親のことはあまり話題にせず避けてきたんだが、こないだちょっと考えさせられる出来事があった。

仕事の移動中に乗った電車の中でのこと。
俺の隣には、幼稚園くらいの女の子が、母親らしい若い女性と一緒に乗っていた。
途中、駅で片腕のない女性が乗ってきて、俺達の向かい側に座った。

女の子が「お母さん、なんであの人は手ないの?」と、みんなに聞こえる声で言ったので、
俺は一瞬ドキっとして、女性と親子から思わず目をそらした。
が、母親らしき女性は慌てることなく、女の子に向かって言った。

母親「いろんな人がいるの。みんなが同じじゃないの。○○ちゃんにはおじいちゃんとおばあちゃんがいないでしょう?」

女の子「うん、みんないるけど私だけおじいちゃんとおばあちゃんがいない。」

母親「うん、いろんな人がいるけど、おじいちゃんやおばあちゃんがいないのは、○○ちゃんのせいじゃないでしょ?」

女の子「うん、違う。あ、△△ちゃんとこはお父さんがいないんだよ。」

母親「そうね、でも、それは△△ちゃんのせいじゃないよね?」

女の子「うん、違う!」

母親「だからね、みんな同じじゃないの。みんなそれぞれ、持ってるものと、持ってないものがあるのよ。」

女の子「・・・」

母親「でもね、持ってないからって、その人は何も悪くないし、他の人と何も違わないのよ。」

女の子「うん、わかった!みんな悪くない!!」

腕のない女性を含めて、車内に乗り合わせていた人たちはみんな暖かい目でその親子を見守っていた。
母親らしき女性が女の子に説明した後、腕のない女性にとても綺麗なお辞儀をし、
目に少し涙を浮かべて微笑んでいた腕のない女性も、とても綺麗なお辞儀を返した。

俺は、思わず目をそらしてしまった自分が恥ずかしくなった。
自分の娘にも、母親の事を恥じない子に育って欲しいと思った。
この電車の親子は、俺に子育ての大事なことを教えてくれた気がする。

ありがとう。







[ サンタさんへ・・・]


6歳の娘がクリスマスの数日前から欲しいものを手紙に書いて窓際に置いておいたから、
早速何が欲しいのかなぁと夫とキティちゃんの便箋を破らないようにして手紙を覗いてみたら、
こう書いてあった。

「サンタさんへ。 おとうさんのガンがなおるくすりをください。 おねがいします」

夫と顔を見合わせて苦笑いしたけれど、私だんだん悲しくなって少しメソメソしちゃったよwww

昨日の夜、娘が眠ったあと、夫は娘が好きなプリキュアのキャラクター人形と
「ガンがなおるおくすり」と普通の粉薬の袋に書いたものを置いておいた。

朝、娘が起きるとプリキュアの人形もだけれど、それ以上に薬を喜んで「キャァーっ!!!!」って
嬉しい叫びを上げてた。

早速、朝食を食べる夫の元にドタバタと行って

「ねえ! サンタさんからお父さんのガンが治る薬貰ったの! 早く飲んでみて!」って言って、
夫に薬を飲ませた。

夫が「おぉっ! 体の調子が、だんだんと良くなってきたみたいだ」と言うと

娘が、「ああ! 良かった~。これでお父さんとまた、山にハイキングに行ったり、
動物園に行ったり、運動会に参加したりできるね~♪♪♪」って言うと、

夫がだんだんと顔を悲しく歪めて、それから声を押し殺すようにして

「グッ・・・・・、グウッ・・・・・・」って泣き始めた。。。。

私も貰い泣きしそうになったけれどなんとか泣かないように鍋の味噌汁をオタマで掬って
無理やり飲み込んで態勢を整えた。

夫は娘に「薬の効き目で涙が出てるんだ」と言い訳をしてた。

その後、娘が近所の子に家にプリキュアの人形を持って遊びに行った後、夫が

「来年はお前がサンタさんだな・・・・・・しっかり頼むぞ。」

と、言ったので、つい私の涙腺が緩んで、
ボロボロと泣き続けた。

お椀の味噌汁に涙がいくつも混ざった。





nice!(20)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 20

コメント 4

ホイップ・クレイ

色んなお話を 読ませていただきました。
心と心が繋がっていて あたたかさを 感じます。

メッセージを書いて頂きましてどうも有難うございます。
とっても嬉しかったです。( ..)φ))
by ホイップ・クレイ (2015-02-19 22:33) 

ブレーダー

ホイップ・クレイさん◆
読む人の心に届く”文章力”ってなかなか難しいですよね。。。。
自然とイメージさせてくれて、チョット感動を触れさせてくれる。
ホイップ・クレイさんの心にもお届け出来てヨカッタです。。。。
・:*:・(*´∀`*)・:*:・
by ブレーダー (2015-02-21 20:24) 

つなみ

ブレーダーさぁん(T0T)
泣けた~
「だめ、読み進めたら泣く、だめー」ってなりながら
全部よませていただきました。(ノ_・,)クスン
by つなみ (2015-03-18 10:32) 

ブレーダー

つなみさん◆
つなみさんの心に”潤い”がお届け出来て何よりです。。。。

自分もエピソードがあっても、人の心を動かす文章作成能力が欲しいです。。。。(笑)
by ブレーダー (2015-03-21 21:52) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。