So-net無料ブログ作成

心に触れるお話 [その他]



心にちょっ・・・・・・っとだけ触れるお話。。。。。


(・_・、)







[ 命の恩人 ]


小5のとき、通学路の交差点を渡っていたとき、
右折車が横断中の俺めがけて突っ込んできた。

催眠術にかかったように体が動かず突っ込んでくる車を呆然と見ていたら、突然誰かに後ろから突き飛ばされ、俺は難を逃れた。

が、俺を突き飛ばしてくれた大学生は車に跳ね飛ばされた。
泣きながら近所の家に駆け込んで救急車と警察を呼んでもらい、
自分は警察の事故処理係に出来る限り状況説明をした。 

後日、家に警察から電話があり大学生の入院先を教えられ、母親と見舞いに行って御礼を言った。



中学1年のとき父親の仕事の都合で同県内の市外へと引っ越した俺は、
そこで先生となっていたあの時の大学生と再会した。
お互いに驚き再会を喜びつつ、3年間指導してもらって無事中学を卒業し、高校進学と供に市内に戻った。


それから数年経ったある日、地元の教育大学に進学した俺が教育実習先の小学校へ向かう途中の交差点で
自分の前を渡っている小学生の女の子に右折車が突っ込もうとしていた。

運転席ではドライバーが携帯電話で喋りながら運転しているのが見えた。
スローモーションみたいに流れる情景に「マジかっっっ!!!!!!!」
とっさに女の子を突き飛ばしたら、自分が車に跳ね飛ばされた。

コンクリートの地面に横たわって、泣いてる女の子を見ながら、あのとき先生もこんな景色を見たのかな・・・とか考えつつ意識を失った。。。。。。

入院先に、俺が助けた女の子の親が見舞いにやって来た。
女の子の親は中学時代の恩師であり、あの時の俺の命の恩人そのヒトだった。

「コレで”借り”は返せましたかね。。。。」

と、俺が言うと

「バカ・・・最初から、借りも貸しも無いよ・・・・・」

と、先生は言った。

ベットの周りのカーテンを閉めて、俺たち二人、黙って泣いた。








[ 水くみ人とひび割れ壷 ]


”水くみ人”は、2つの壷を持っていました。

天秤棒の端にそれぞれの壷を下げ、肩に掛けて御主人様の所に毎日水を運んでいた。

その壷の一つには、” ヒビ ”が入っています。

もう一つの完璧な壷が、小川からご主人さまの家まで
一滴の水もこぼさないのに、
ひび割れ壷は、水くみ人が水をいっぱい入れてくれても、
ご主人さまの家に着く頃には半分になっているのです。

ひび割れ壷は、いつも自分を恥じていました。

そんなある日、ひび割れ壷は川のほとりで水くみ人に話しかけました。



「私は自分が恥ずかしい、ひび割れからは水はどんどん流れてしまい、
何の役にも立たない自分が恥ずかしい」
「私はこのひびのせいで、あなたのご主人さま
の家まで水を半分しか運べなかった。」

水くみ人は言いました。

「これからご主人さまの家に帰る途中、道端に咲いている
綺麗な花を見てごらん。」


天秤棒にぶら下げられて丘を登っていくとき、
ひび割れ壷はお日さまに照らされ美しく咲いている道端の花に
気づきました。

花は本当に美しく、壷はちょっと元気になった気がしましたが、
ご主人さまの家に着く頃には、また水を半分にしてしまった自分を
恥じて、水くみ人に謝りました。

すると、水くみ人は言いました。

「道端の花が君の側にしか咲いていないのに気づいたかい?
僕は、君からこぼれ落ちる水に気づいて、君が通る側に
花の種をまいたんだ。」

「そして君は毎日、僕が小川から帰るときに水をまいてくれた。
おかげで、毎日御主人様の所へ花を届ける事が出来たんだよ。
君のひび割れが無ければ御主人様が、花で心を癒される事もなかった。
だから恥じることなど無いよ」と。

ひび割れのある壺は初めて自分が役だっている事を知り
そして二度と自分を恥じる事は無かった。







[ お辞儀 ]


突然なんだけどさ、皆は母親の事を子供にどう話してるのかな?

俺の娘は今年4歳になるが、嫁は娘を生んですぐに家を飛び出したので、子供には母親の記憶はない。
今まで母親のことはあまり話題にせず避けてきたんだが、こないだちょっと考えさせられる出来事があった。

仕事の移動中に乗った電車の中でのこと。
俺の隣には、幼稚園くらいの女の子が、母親らしい若い女性と一緒に乗っていた。
途中、駅で片腕のない女性が乗ってきて、俺達の向かい側に座った。

女の子が「お母さん、なんであの人は手ないの?」と、みんなに聞こえる声で言ったので、
俺は一瞬ドキっとして、女性と親子から思わず目をそらした。
が、母親らしき女性は慌てることなく、女の子に向かって言った。

母親「いろんな人がいるの。みんなが同じじゃないの。○○ちゃんにはおじいちゃんとおばあちゃんがいないでしょう?」

女の子「うん、みんないるけど私だけおじいちゃんとおばあちゃんがいない。」

母親「うん、いろんな人がいるけど、おじいちゃんやおばあちゃんがいないのは、○○ちゃんのせいじゃないでしょ?」

女の子「うん、違う。あ、△△ちゃんとこはお父さんがいないんだよ。」

母親「そうね、でも、それは△△ちゃんのせいじゃないよね?」

女の子「うん、違う!」

母親「だからね、みんな同じじゃないの。みんなそれぞれ、持ってるものと、持ってないものがあるのよ。」

女の子「・・・」

母親「でもね、持ってないからって、その人は何も悪くないし、他の人と何も違わないのよ。」

女の子「うん、わかった!みんな悪くない!!」

腕のない女性を含めて、車内に乗り合わせていた人たちはみんな暖かい目でその親子を見守っていた。
母親らしき女性が女の子に説明した後、腕のない女性にとても綺麗なお辞儀をし、
目に少し涙を浮かべて微笑んでいた腕のない女性も、とても綺麗なお辞儀を返した。

俺は、思わず目をそらしてしまった自分が恥ずかしくなった。
自分の娘にも、母親の事を恥じない子に育って欲しいと思った。
この電車の親子は、俺に子育ての大事なことを教えてくれた気がする。

ありがとう。







[ サンタさんへ・・・]


6歳の娘がクリスマスの数日前から欲しいものを手紙に書いて窓際に置いておいたから、
早速何が欲しいのかなぁと夫とキティちゃんの便箋を破らないようにして手紙を覗いてみたら、
こう書いてあった。

「サンタさんへ。 おとうさんのガンがなおるくすりをください。 おねがいします」

夫と顔を見合わせて苦笑いしたけれど、私だんだん悲しくなって少しメソメソしちゃったよwww

昨日の夜、娘が眠ったあと、夫は娘が好きなプリキュアのキャラクター人形と
「ガンがなおるおくすり」と普通の粉薬の袋に書いたものを置いておいた。

朝、娘が起きるとプリキュアの人形もだけれど、それ以上に薬を喜んで「キャァーっ!!!!」って
嬉しい叫びを上げてた。

早速、朝食を食べる夫の元にドタバタと行って

「ねえ! サンタさんからお父さんのガンが治る薬貰ったの! 早く飲んでみて!」って言って、
夫に薬を飲ませた。

夫が「おぉっ! 体の調子が、だんだんと良くなってきたみたいだ」と言うと

娘が、「ああ! 良かった~。これでお父さんとまた、山にハイキングに行ったり、
動物園に行ったり、運動会に参加したりできるね~♪♪♪」って言うと、

夫がだんだんと顔を悲しく歪めて、それから声を押し殺すようにして

「グッ・・・・・、グウッ・・・・・・」って泣き始めた。。。。

私も貰い泣きしそうになったけれどなんとか泣かないように鍋の味噌汁をオタマで掬って
無理やり飲み込んで態勢を整えた。

夫は娘に「薬の効き目で涙が出てるんだ」と言い訳をしてた。

その後、娘が近所の子に家にプリキュアの人形を持って遊びに行った後、夫が

「来年はお前がサンタさんだな・・・・・・しっかり頼むぞ。」

と、言ったので、つい私の涙腺が緩んで、
ボロボロと泣き続けた。

お椀の味噌汁に涙がいくつも混ざった。





nice!(20)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

心に響く三行ラブレターで感動しよう [その他]



そして….jpg




とっても素敵な気持ちになれる

愛溢れるメッセージ傑作選。。。。


ღ(* ' - ')ღ .。oO(・・・・♪♪♪)


【 心に響く三行ラブレターで感動しよう 】
http://matome.naver.jp/odai/2126386911055428601


nice!(24)  コメント(4) 

地震発生後、Twitterで投稿された心に残るつぶやき集 [その他]



Twitter.JPG


http://prayforjapan.jp/tweet.html

↑ リンク先、クリック



やべっ!!

心と

目頭が

あつくなった。。。。。


((*´ Д⊂ヽ


日本人でヨカッタ。。。。。




nice!(31)  コメント(10) 
共通テーマ:ネットコミュニティ

(* ゚Д゚) えっ!?っていう。。。。勘違いしてそうな文字 [その他]





完璧(かんぺき)』の「ぺき」は





【 壁(かべ) 】ではなく































お洒落(しゃれ)』は






【 酒(さけ) 】ではなく























nice!(27)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

水くみ人とひび割れ壷 [その他]



[ 水くみ人とひび割れ壷 ]


”水くみ人”は、2つの壷を持っていました。

天秤棒の端にそれぞれの壷を下げ、肩に掛けて御主人様の所に毎日水を運んでいた。

その壷の一つには、ひびが入っています。

もう一つの完璧な壷が、小川からご主人さまの家まで
一滴の水もこぼさないのに、
ひび割れ壷は、水くみ人が水をいっぱい入れてくれても、
ご主人さまの家に着く頃には半分になっているのです。

ひび割れ壷は、いつも自分を恥じていました。

そんなある日、ひび割れ壷は川のほとりで水くみ人に話しかけました。



「私は自分が恥ずかしい、ひび割れからは水はどんどん流れてしまい、
何の役にも立たない自分が恥ずかしい」
「私はこのひびのせいで、あなたのご主人さま
の家まで水を半分しか運べなかった。」

水くみ人は言いました。

「これからご主人さまの家に帰る途中、道端に咲いている
綺麗な花を見てごらん。」


天秤棒にぶら下げられて丘を登っていくとき、
ひび割れ壷はお日さまに照らされ美しく咲いている道端の花に
気づきました。

花は本当に美しく、壷はちょっと元気になった気がしましたが、
ご主人さまの家に着く頃には、また水を半分にしてしまった自分を
恥じて、水くみ人に謝りました。

すると、水くみ人は言いました。

「道端の花が君の側にしか咲いていないのに気づいたかい?
僕は、君からこぼれ落ちる水に気づいて、君が通る側に
花の種をまいたんだ。」

「そして君は毎日、僕が小川から帰るときに水をまいてくれた。
おかげで、毎日御主人様の所へ花を届ける事が出来たんだよ。
君のひび割れが無ければ御主人様が、花で心を癒される事もなかった。
だから恥じることなど無いよ」と。

ひび割れのある壺は初めて自分が役だっている事を知り
そして二度と自分を恥じる事は無かった。

nice!(23)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

2Q [その他]



?.jpg


2つの問題を用意しました。




とりあえず以下の問題文を読んでみてください。

Q 1
ある女性が自分の母親の葬式で、知らない男性に出会いました。
彼女はこの男性を素晴らしい人だと思いました。
まさしく彼女の運命の相手だと思い、恋に落ちました。
ところが、彼の電話番号を聞いていなかったので、
その後彼がどこにいるのかわかりませんでした。

数日経って、彼女は自分の姉を殺しました。



さて、彼女が姉を殺した動機は何でしょう?

答えを見る前に、よぉーーーく考えてみてください。

A : 彼女は彼がお葬式にまた現われてくれるのではないかと期待したからです。

もしあなたがこれを正しく答えられたなら、
あなたは良心が欠落したサイコパス(精神病質者)と同じ考え方をしています。
この質問は有名なアメリカの心理学者が殺人者と同じ考え方をするかどうかを調べるために利用した質問で、逮捕された連続殺人者は必ずこの質問に正しく答えたそうです。

もしあなたがこの質問に正しく答えられていないなら…よいことです。

もし正しく答えられていたら……… (怖)

(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル





Q 2
ある口の利けない人が歯ブラシを購入しようとしています。
彼は歯を磨くジェスチャーをして、店員にうまく伝えることができたので目的の歯ブラシを買えました。
次に、ある目の見えない人が、自分の目を隠すためにサングラスを買おうとしています。
さて彼はどうすればうまく店員に伝わるでしょう?


答えを見る前にチョット考えてみてください。

A : 「サングラスください」って言う。


もしこの解答を間違ったなら・・・・

暑さで脳が麻痺し、正常な思考が出来ない様です。
まずは目の前のPCの電源を切り、頭を冷やして外に出掛ける事をお勧めします。






(`・ω・´)/"
キーボードの『Ctrl』+『A』で文字が反転され問題の後に”答え”が現れます。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ミント味 [その他]



ミントガム.jpg


       【 ミント味 】
http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=55478



(ノ_・。) セツナイ…

nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

お辞儀 [その他]



オイラが巡回しているとあるサイトにとってもイイお話が掲載されていたので、

このブログを読んでいる皆さんにも是非読んでもらいたいなぁ…と思ったのでご紹介。。。


【 お辞儀 】

突然なんだけどさ、皆は母親の事を子供にどう話してるのかな?

俺の娘は今年4歳になるが、嫁は娘を生んですぐに家を飛び出したので、子供には母親の記憶はない。
今まで母親のことはあまり話題にせず避けてきたんだが、こないだちょっと考えさせられる出来事があった。

仕事の移動中に乗った電車の中でのこと。
俺の隣には、幼稚園くらいの女の子が、母親らしい若い女性と一緒に乗っていた。
途中、駅で片腕のない女性が乗ってきて、俺達の向かい側に座った。

女の子が「お母さん、なんであの人は手ないの?」と、みんなに聞こえる声で言ったので、
俺は一瞬ドキっとして、女性と親子から思わず目をそらした。
が、母親らしき女性は慌てることなく、女の子に向かって言った。

母親「いろんな人がいるの。みんなが同じじゃないの。○○ちゃんにはおじいちゃんとおばあちゃんがいないでしょう?」

女の子「うん、みんないるけど私だけおじいちゃんとおばあちゃんがいない。」

母親「うん、いろんな人がいるけど、おじいちゃんやおばあちゃんがいないのは、○○ちゃんのせいじゃないでしょ?」

女の子「うん、違う。あ、△△ちゃんとこはお父さんがいないんだよ。」

母親「そうね、でも、それは△△ちゃんのせいじゃないよね?」

女の子「うん、違う!」

母親「だからね、みんな同じじゃないの。みんなそれぞれ、持ってるものと、持ってないものがあるのよ。」

女の子「・・・」

母親「でもね、持ってないからって、その人は何も悪くないし、他の人と何も違わないのよ。」

女の子「うん、わかった!みんな悪くない!!」

腕のない女性を含めて、車内に乗り合わせていた人たちはみんな暖かい目でその親子を見守っていた。
母親らしき女性が女の子に説明した後、腕のない女性にとても綺麗なお辞儀をし、
目に少し涙を浮かべて微笑んでいた腕のない女性も、とても綺麗なお辞儀を返した。

俺は、思わず目をそらしてしまった自分が恥ずかしくなった。
自分の娘にも、母親の事を恥じない子に育って欲しいと思った。
この電車の親子は、俺に子育ての大事なことを教えてくれた気がする。

ありがとう。


nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

どうぶつの森をプレイし続けた病気のおかあさん [その他]



















この漫画は、2005年にONESOUNDさんという方が韓国のニュースサイトTHIS IS GAME.comに投稿したと思われる作品で、その後IGNのメンバーによって英語訳されたものが、最近になってDiggなどで取り上げられて話題になっていました。
このストーリーが実話なのかどうかはわかりませんが、イラストはとてもセンスがあって、本当に悲しくてちょっとだけ心温まるお話ですね。






今年もオイラの母の命日も、もぅすぐだなぁ。。。。


nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

ディズニーランドの秘密 [その他]





夢の国「東京ディズニーランド」


そのディズニーランドの裏側では、ディズニーランドがディズニーランドである為に、


さまざまな努力が続けられています。








ディズニーランドには鏡がない
自分を見て我に返らないため(トイレの洗面台から少し離れた場所にはある)

ディズニーランドには時計がない
時間を忘れて楽しんでもらうため(一部時計あり)

ディズニーランドには600人もの清掃スタッフがいて、300人交代でそうじをしている
夢の国にゴミが落ちていてはいけない

ディズニーランドは24時間稼働している
日中はゴミ拾い。夜間は水をまいてブラシ掃除、トイレ掃除など

ディズニーランドには秘密クラブや地下通路がある
秘密クラブといってもいかがわしい物ではない

ディズニーランドの入り口は一つ
映画を途中から見るとおもしろさが半減してしまうのと同じで、エントランスから盛り上げる演出のため

スペースマウンテンには裏ルートが存在する
安全バーが正常に作動しなかった場合などのための緊急避難ルートがある

行列はジグザグに作る
行列を長く感じさせないように何回も折り返しをつけ、進んでいる気持ちにさせる

ディズニーランドは、敷地内から外部の風景が見えないようにしている
夢を壊さないため。ホテルは全て12階建て

ディズニーランドには落葉樹がない
夢の国なので、桜のように、春に花が咲き、夏には青々とした緑、秋には葉っぱが散って、冬には枝だけ・・・という時の移り変わりを感じるものはふさわしくない

ディズニーランドでは従業員と呼ばずにキャストと呼ぶ
お迎えする側の人間(キャスト)がゲストに感動を与えるため

ディズニーランドは常に未完成
常に夢を追いかければ、いつまでも完成するはずがない

取材で行っても、ミッキーはずっとミッキー
決して、取材スタッフの目の前でミッキーになったり、ミッキーから違う何かになったりはしない。

15万坪のパークと10万坪の駐車場には自動販売機を置かない
自動販売機は便利だけれど、感動は与えない。機械と人はコミュニケーションができない


以前、職場でこんな話を耳にした事がある。。。

「あのね私の知り合いがディズニーランドのキャラクターの着ぐるみの中の人になりたくて、
 統括している会社オリエンタルランドに電話したんだって・・・」




『もしもし…あの、ディズニーランドにいるミッキーとかミニーちゃんの  着ぐるみの中の人になりたいんですけど、どうしたらなれますか?』




≪お電話ありがとうございます。。。しかしながら、ディズニーランドにおけるミッキーマウスや
  ミニーマウスの中に人は入っておりません。。。




。゚(゚^∀^゚)゚。ギャーハッハッハッハッハッハハッハッハッハッハッハ !!

そう来たか!!
さすが”夢の国”を統括している会社だな。。。
見事な徹底ぶりです。(笑)


nice!(2)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。